冬のオホーツク 流氷、雪、氷の湖

line02
  

流氷

アムール川からオホーツク海に流れ込んで塩分が低くなった水が凍ったもの。オホーツク海は、北半球ではもっとも低緯度で流氷が見られる場所であるため、世界中から観光客が訪れます。流氷の下には流氷の天使と呼ばれる「クリオネ」がいます。

結氷する湖

濤沸湖は1月の中旬頃には全面結氷し、湖面の上を歩くことができます。漁師さんたちがワカサギやボラの漁を行うため、魚を求めてワシたちやキタキツネも多くやってきます。

また、氷の緩む3月下旬頃からは、氷の下から出てきた魚を狙ってオジロワシとオオワシが集まります。この頃は水鳥の渡りの季節とも重なるため、湖は鳥たちでにぎわいます。

Gallaly

line03s
樹氷
クリオネちゃん
結氷した湖から
流氷の海