Seasons 四季折々

line02
  

雪が解け、全ての活動がはじまります。濤沸湖畔ではミズバショウが咲き、畑では植え付けがはじまります。渡り鳥たちが至るところで羽を休めます。命の始まりの季節です。

オホーツクの短い夏は、晴天が続くことが多く日中と夜の寒暖の差が激しい季節で、その気候がおいしい野菜たちを育てます。空も、海も、湖も、森の緑も全てが青く、「オホーツクブルー」と呼ばれる色がまぶしい季節です。

お盆を過ぎるともう秋の始まり。畑では収穫作業が進み、9月から10月にかけては町中が収穫でにぎわいます。秋が深まると、野鳥の渡りもはじまり、10月にはヒシクイやハクチョウが飛来し、オオワシもやってきます。

12月下旬頃には一面が雪景色になり、1月中旬頃に湖が結氷、流氷がやってきます。ピーンと張りつめた冬の静けさの中でも、生命の営みは行われ、野鳥や動物たちは懸命に生きます。

Gallaly

line03s
麦刈り
馬
虹
夕焼け