濤沸湖(とうふつこ) 鳥がいつもいるという意味の湖

line02

自然と人の暮らしを結ぶ湖

濤沸湖は北海道東部、網走市と小清水町にまたがり、細長い砂丘(小清水原生花園)によってオホーツク海と隔てられてできた海跡湖。網走国定公園に含まれ、ラムサール条約に登録されている。面積は約900ha、岸辺の総延長は約27.3km、水深は平均1.1m、最深部で2.5mと、比較的浅い。湖周辺には面積約118haの湿原が広がっています。

豊かな植生

濤沸湖周辺では約250種の鳥類が確認されています。アイヌ語では「チカンプトー(いつも鳥がいる湖)」と呼ばれたそうです。渡り鳥が、渡りの中継地として利用することが多いとされています。水鳥のほか、草原性の鳥や猛禽類も多く見られ、オジロワシは通年を通して観察できます。ここ数年、タンチョウがの繁殖が確認されており、越冬することもあります。

湖岸には、ミズバショウ、アッケシソウなどの植物群が広がり、昔から牛馬が放牧され、家畜の選択的採食によりヒオウギアヤメやハマナス、センダイハギの群落が広がっています。

Gallaly

line03s
水鳥の休息地
逆さ斜里
夕焼け
斜里岳とオジロワシ